DB不要のCMS「Pico」が驚くほどシンプル

  • 2013-07-15 (月) 8:00
  • Tool

「Pico」はデータベース不要で、マークダウン記法で書いた固定ページを表示するCMSです。

Pico

pico

CMSといえば代表的なものとしてWordPress、MovableTypeがあり、DBとしてMySQLを使いページや各種設定を管理していきます。そんなCMSのいわば”要DBは常識”のなかで「Pico」のDB不要は驚きですよね。まだまだ細かくは見れていないのですが、少し使ってみたのでレビューしてみます。

 

まずはダウンロードページから、zipファイルをダウンロード。

pico-tutrial-1

 

zipファイルを解凍し、サーバーにアップロードします。

pico-tutrial-2

 

/pico/index.phpへアクセスしてみましょう。このような画面が表示されます。これがランディングページっぽいです。

pico-tutrial-3

 

右上のやじるし部分が各ページへのリンクとなります。で、クリックしてみるとわかるのですが”404 Not Found”が表示されます。どうやらパスが間違っているようです。正しくは”〜/pico/content/sub/”です。するとこのような画面が表示されました。

pico-tutrial-4

 

まぁこのページはApacheが表示させているファイルツリーですが、ファイルが2つあります。拡張子が”.md”、マークダウンファイルですね。これについては以下の記事が参考になります。

README.mdファイル。マークダウン記法まとめ

 

で、この.mdファイルに記事を書いていくという訳ですね。ちなみにデフォルトではindex.mdファイルはこのような感じです。

pico-tutrial-5

 

実際にはpage.mdで記事を作り、index.mdがそれらの一覧ページという扱いなのでしょうか。これ以上は調べきれていないのですが、テンプレートエンジンとしてTwigを採用しており、Blogシステムとしても使え、プラグインも開発できるようです。

 

シンプルなのはその通りだと思うのですが、やはりシンプル過ぎるというのが感想ですね。”flat file CMS”というのは面白いキャッチコピーですが。WordPressじゃ機能がリッチすぎるよという小規模なサイトや、MySQLを使えない無料レンタルサーバーでの運用を考えているのなら候補としてありかと思います。参考にどうぞ。

 

Home > Tool > DB不要のCMS「Pico」が驚くほどシンプル

Return to page top